読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

行こう!旅空の下へ!

 旧 「海を渡る自転車」

スポンサーリンク

【生口島の午後】5.耕三寺と、未来心の丘

海を渡る自転車~しまなみ海道縦断編

 

耕三寺の奥へと進んで行くと、その豪華な建築が姿を現しました。

 

 

f:id:tokotoko_yuuki:20151207210746j:plain

 

 

な・・・なんじゃあ・・??

本当に日光の様な雰囲気。

 

昭和に開かれたお寺だという事だったので、もっと小さなものを想像していたのですが、相当な規模です。

それが瀬戸内の島に存在するとは・・・

 

 

f:id:tokotoko_yuuki:20151207210951j:plain

 

 

うわわわわ!!

想像以上!!こんな豪華なお寺が生口島にあるだなんて・・・!!

これを初代住職が一代で築き上げたとは・・・

財を使って開いたお寺といえど、ここまでとは・・・

それまでの実業家としての能力も相当なものだったという事ですね・・・!!

 

 

 

f:id:tokotoko_yuuki:20151207211256j:plain

 

 

日光と言われるのも頷ける。

豪華なのは規模だけではありません。

その建物一つ一つに拘り抜いたであろう事が一目でわかります。

 

いやあ度胆を抜かれますね・・・

 

この奥には2代目住職が作り上げた未来心の丘という場所があるというので、そちらにも足を運んでみましょう。

何でも大理石を海外から多く取り寄せて築いた丘だとか。

都心の立派なホテルのロビーみたいな感じだろうか・・・

 

 

 

 

f:id:tokotoko_yuuki:20151207211556j:plain

 

 

取り寄せすぎでは?!(;゚Д゚)

 

な、なんだーーー!?ここは!!通路から全て大理石!

階段も壁も惜しみなく大理石!!

 

 

 

f:id:tokotoko_yuuki:20151207211824j:plain

 

 

ここ瀬戸内の生口島だよね。

ログポーズ間違えたかな・・・イタリアか何かじゃないよね・・・

 

 

f:id:tokotoko_yuuki:20151207211917j:plain

 

 

ああ・・・もう写真が大理石と空しか写ってないよ(笑)

 

2代目住職も拘りが半端ではありませんね。

これだけの大理石を海外から運び入れるのにどれほど時間をかけたのでしょうか。

瀬戸内で見る景色とは到底思えなくて、何だか現実感なくなってきちゃう。

 

 

f:id:tokotoko_yuuki:20151207212132j:plain

 

 

大理石のカフェとか存在するよぉ。

 

ふーむ、日本は広い!考えた事もない様な色んなものが存在しますね。

 

 

f:id:tokotoko_yuuki:20151207212251j:plain

 

 

さあ少しずつ雲が薄くなってきました。

雨は完全に止み、自転車を走らせる事が出来そうです。

 

恐らく、左奥に見えているのが本日の宿泊地である大三島

時刻は16時を回っているので、そろそろ出発しないとマズイです。

 

だってまたきっと大きな橋を渡るわけでしょ??

 

台風も通り過ぎた様だし、ここからは快適に行きますよ~!!

 

 

 

・・・しかし、そううまくは行かないのが、この旅の過酷さでもあり楽しさでもあったのですが・・・

 

 

耕三寺のご案内 - 瀬戸田 耕三寺博物館

未来心の丘 - 瀬戸田 耕三寺博物館

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ 

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ にほんブログ村 旅行ブログへ