読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

行こう!旅空の下へ!

 旧 「海を渡る自転車」

スポンサーリンク

【生口島の午後】6.向かい風と多々良大橋

瀬戸田の町では、たこ処・平山郁夫美術館・耕三寺と、合計で4時間近くも滞在し、台風の豪雨はすっかり通り過ぎてくれました。

 

今日はのっけから因島でのパンク2連発、生口島上陸直後の大豪雨と、ハードな展開が続きました。

 

そろそろ夕方も近くなりつつあるので、瀬戸田の町を後にして次の島、大三島を目指そうと思います。

 

雨も止み、数時間ぶりに自転車をこぎ始めます。

 

少しの間、自転車は軽快に進みました。

 

雨の影響なのか、少し肌寒いくらいの気温になっていたものの、レインコートはカバンにしまって、身体を動かして暖まる事にしました。

 

やっと平和に進める・・・

 

そう思いながら町を通り抜け、海沿いの道へと出た時です。

 

 

 

f:id:tokotoko_yuuki:20151209194532j:plain

 

 

びゅおおっ!!!

 

前方から肌寒い強風が吹き荒れ、自転車が止まりそうになりました。

さ・・・さむ!!(>_<)

 

台風は通過したものの、吹き返しの強風が始まった様です。

しかも何故か低温の風!!

これは・・・風邪ひく・・・

 

 

 

f:id:tokotoko_yuuki:20151209195152j:plain

 

 

海を見ると次の大三島の方から再び白い壁の様なものが接近中なのがわかります。

 

ヤベエ・・・(^_^;)

 

寒さもあるし雨も来るかもなので再びレインコートを装備します。

 

これ着るの面倒な上に時間かかるんですよね・・・

 

だがしかし!!もう大三島への橋へはそう遠くないはず!!

いよーし!!負けるか!!

 

自転車のスピードを抑えられてしまう程の強風に耐えながら、力を振り絞って前傾姿勢で前へ前へとこいで行きます。

 

ぬおおおーーー!!!

 

 

そこへ声援をくれそうな一団が!!

 

そう、例えばこんな・・・

「頑張れ頑張れ!!兄ちゃん!! ファイトだファイトだ!兄ちゃん!!」

 

 

 

f:id:tokotoko_yuuki:20151209195537j:plain

 

 

誰だよ!!!(゚Д゚;)

 

なんでしょうかこの人形たちは・・・(^_^;)

交通安全をアピールしている様です。

 

 

まあ声援があったという事に自分の中で勝手に決めて、進んで行くと、ついに次の橋が姿を現しました。

 

 

 

f:id:tokotoko_yuuki:20151209195916j:plain

 

 

 

多々良大橋。

全長1480メートル 橋下は約28メートル。

高さはそれほどでもありませんが、長さは、僕が怪物と呼んだ因島大橋よりもあります。

 

再び、橋を登るために坂へと突き進みます。

おまけに小雨が降りだしました。

 

くっそ・・・

 

 

f:id:tokotoko_yuuki:20151209200412j:plain

 

 

多々良大橋、強風は吹いてないだろうな・・・

今、強風だったらちょっと怖いぞ・・・

 

多々良大橋の途中で、これまでずうっと走ってきた広島県尾道市は終わり、ついに愛媛県へと突入となります。

つまりはこの長いレンタサイクルの旅も前半戦終了になるのです。

 

 え?

 

ええ、そうです。

全3日間の行程です。

2日目の夕方になるというのに・・・距離としてはまだ半分の地点なのです。

 

だから、最終日となる3日目はパンクや台風とは違った意味で過酷になるのですが、それはまだ少し先の話・・・

 

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ 

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ にほんブログ村 旅行ブログへ