読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

行こう!旅空の下へ!

 旧 「海を渡る自転車」

スポンサーリンク

【愛媛最大!大三島】2.”最も過酷な一日”の始まり

海を渡る自転車~しまなみ海道縦断編

☆5月13日(行程3日目・最終日)8:30

 愛媛県今治市 大三島 民宿珈里葡付近☆ 

 

 

f:id:tokotoko_yuuki:20151212213028j:plain

 

 

昨日とはうって変わり、雲ひとつない青空!

待ちに待った、晴天の自転車旅!!

ついに・・・雨の心配の無い旅が出来る!!!

 

最終日にしてやっと島旅の絶景を満喫出来るわけですよ!!

 

本日の行程は、この大三島を巡り、伯方島、大島を越え、一気に四国上陸を目指します。

 

 

ちなみに初日の行程は、お昼過ぎから走り出したという事もあり、約35キロ。

2日目はパンクと台風による停滞を余儀なくされ、約30キロ。

 

そして最終日はというと・・・

 

先に結果から言いますと・・・

約55キロの道のりとなりました。

 

それは素人には厳しい距離。

そもそも、初日35キロでも2日目30キロでも、毎晩足を攣って、夜中に目を覚ましております・・・(笑)

 

満身創痍な2日間でありました。

 

それを遥かに超える距離。

そして・・この時点では全く気付いておりませんが、これまでにない登り坂の数々が行き手を阻みます。

さらには台風一過による強風と、照り付ける太陽!

 

レンタサイクルしまなみ海道縦断、

 

 

 

最も過酷な一日!!

 

 

 

 

スタートです。

 

 

まずは大三島の最大の観光地である大山祗神社へと向かいます。

(オオヤマズミ神社)

 

 

 

f:id:tokotoko_yuuki:20151212214149j:plain

 

 

大山祗神社は、宿泊地の珈里葡のある東側の海岸から、峠を越えて西側の海岸付近まで行かねばなりません。

 

しかし、次の島へと続く道は東側の海岸沿いなため、大山祗神社まで行っても戻ってこなくてはならないのです。

 

ちゃちゃっと行って、ゆったり観光して戻ろう。

そんな気持ちで走り出すと、ゆったりとした登り坂が始まります。

 

 

 

f:id:tokotoko_yuuki:20151212214609j:plain

 

 

こんな長閑な道を登っていけばいいのかーー。

なんて思っていたら甘かった。

 

この登り、徐々に厳しくなる上、3キロも全く休憩なしの峠越え!!

てことは帰り道も同じように登るということか・・・

 

3キロって書くと楽に聞こえるかもしれないけどさ。

陸上部のプロが走る400メートルトラックの競技場を7周半もの間、ずうーーっと登りっぱなしなワケよ?!

野球のダイアモンドに換算すると39周くらい登りっぱなしで自転車こげって話なわけ!

 

こんなの自転車シロートの僕には正に地獄コース・・・

 

大三島はデカイ。

愛媛県では最大の島なのだそうです。

 

 

 

f:id:tokotoko_yuuki:20151212215234j:plain

 

 

 

道端に自然に見えているかんきつ類を眺めながら少しは癒されたりもするのだけど、まあハード。

いやもうハード過ぎ。

しかも日差しは5月とは思えない照り付け様!!

 

 

スタート直後だというのに息はあがり、足はピクピクと震える。

汗は流れ、喉はからから。

 

やっとの思いで3キロの峠を登り切り、今度は長い長い下り坂。

気持ちよーーーーーい!!!

 

でもこれ、後で登るんだよなーー・・・

 

もう下らなくていいよーー!

もう下るのやめてーーー!!

まだ下るの?!下りたくなーーーーい!!(´;ω;`)

 

 

2キロほど下ると、目的地である大山祗神社へと到着しました。

 

f:id:tokotoko_yuuki:20151212215436j:plain

 

 

辛い峠越えだった・・・ここでゆっくり体力を回復させよう。

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ にほんブログ村 旅行ブログへ