読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

行こう!旅空の下へ!

 旧 「海を渡る自転車」

スポンサーリンク

【はじめての四国/松山の旅】5.道後温泉を歩こう!

 

 

今回、ノリさんはマイカーで来てくれています。

松山の話や、神奈川の話、そして共通の話題である水曜どうでしょうの話などをしながら、車は道後温泉へと到着しました。

 

駐車場からは、とっても趣のある、あの建物が!!

こ、これが!!!

 

 

f:id:tokotoko_yuuki:20160528190910j:plain

 

 

もしかしてだけどー、もしかしてだけどー、これって有名な道後温泉本館じゃないのー!!

 

 

f:id:tokotoko_yuuki:20160528191148j:plain

 

 

おお!!やっぱりテレビや雑誌などでも見かける場所です!!

遠い遠いと思っていた場所にこうして訪れるというのは何ともテンションが上がるものです!!

 

僕とノリさんがネット上で繋がったのは水曜どうでしょうのツイートでのこと。

その番組の初回で訪れるのがこの松山・道後温泉であり、何とも不思議な感覚です。

 

まあ今回は温泉には入らないので、街中散策とまいりましょう。

 

 

f:id:tokotoko_yuuki:20160528191423j:plain

 

 

意外と商店街で構成されている道後温泉の中心的な道。

ここでは再び愛媛グルメを食べ歩こうかと思います。

やっぱり柑橘は外せないよね☆

 

 

f:id:tokotoko_yuuki:20160528191529j:plain

 

 

色んなみかんゼリーが売られていたので、「はれひめ」と「清見タンゴール」というものを購入。さっそく、いただきまーーーす(^O^)/

 

 

これはウマイ!!柑橘の味がしっかりするのに渋すぎもせず甘すぎもせず!!

いやこれ自宅の冷蔵庫に大量にストックしておきたいや(笑)

 

美味しいものは旅の醍醐味。

すでに行程は4日目を迎え、この醍醐味を何回味わったのか数えきれないけれど。

 

 

 

f:id:tokotoko_yuuki:20160528191750j:plain

 

 

レトロな道後温泉の駅舎を眺めていると、その隣には何やら機関車がやってきました。

 

 

f:id:tokotoko_yuuki:20160528191948j:plain

 

 

いやこれは何ともレトロ!

大正っぽいデザインって勝手に思っちゃいましたが、こちらは坊っちゃん列車。

夏目漱石の作品「坊っちゃん」にちなんだネーミングなのだそうです。

 

実は「坊っちゃん」の舞台はここ松山市なのだそう。

読んだ事のない作品なのですが、こうして作品の名前が今でも形となって残っていると、昔の小説家の作品もきちんと読んでみたいなという思いが出てきます。

(この旅から約1年後に記事を書いているのですが、まだ読んでない・・・)

 

 

f:id:tokotoko_yuuki:20160528192421j:plain

 

さて、駅舎から振り返ると先ほどの商店街が見えています。

けっこうマンションとかもある栄えた街並みなのですね、道後温泉

ちょっと意外でした。

温泉っていうから勝手に田舎なイメージを持ってた(・_・;)

失礼。

 

その入口にはカラクリ時計なるものがあるというので、それを見て行こうと思います。

いや、まあ、上の写真にも写っているんですけどね(笑)

 

 

 

trip-yuuki.hatenablog.com

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ にほんブログ村 旅行ブログへ