行こう!旅空の下へ!

 旧 「海を渡る自転車」

スポンサーリンク

【山形から神奈川へ…もぐもぐ東北道】1.震災から1年の世界

 

神奈川県から、軽自動車モコで行く山形県へのドライブ。

初日に502キロを走行し山形県酒田市へ。

2日目は山形縦断しながら山形市まで174キロ。

そして3日目は山形縦断を終え、いよいよ神奈川へと南下していきます。

 

 

f:id:tokotoko_yuuki:20160811230729g:plain

 

 

 

15:30 山形県米沢市を出発

 

さて、こんな早い時間に帰路へと着くのは他でもありません。

初日にとんでもなく苦労して山形入りした経験から、時間に不安を持っているからです。

そしてもう一つは・・・

 

実は今更ながらにこの日程を正確に書くと・・・

 

2012年6月18日。

東日本大震災から1年3ヶ月後という事になります。

 

すでに1年以上が経過した日程ではありますが、この先の道路がどうなっているのか、よく知らないんです。

 

帰りの行程では、まず最初に福島県を通ります。

東北自動車道を通るのですが、未だに道が完全回復ではないと聞きます。

どの程度なのか不明なので、やはり時間を取りたいのです。

 

山形県米沢市を出て、長い長いトンネルを抜けると福島県です。

 

2012年の時点では風評被害は相当なものです。

もちろん、放射能をまき散らした福島第一原子力発電所が存在するのは間違いない事実ではあるのですが、事実以上に怖いと刷り込まれている可能性も無くはないと思うのです。

それなのに、僕はモコの窓を閉じきってしまいました。

やはり最初に脳裏に浮かんだのは恐怖だったのです。

 

何が正しい情報で、何が間違った情報なのか、素人の僕には判断出来ない日々が続いた2011年があったので、風評だと思いつつも窓を閉めてしまいました。

そのまま東北道を南下していきます。

 

 

16:10 福島県 吾妻サービスエリア(最終日127キロ地点)

 

 

f:id:tokotoko_yuuki:20160811231851j:plain

 

 

絆。

日本中で叫ばれてきた言葉ですが、やはり東北では強い意味を感じました。

関東で感じるそれとは全く別の力。

ここまでの東北道、多少のデコボコは残ってますが、走行するのにほとんど影響はありません。

やはり思い込みの情報が頭にインプットされている様です。

 

穏やかな空が福島県には広がっています。

 

 

17:00 福島県 安達太良サービスエリア(最終日157キロ地点)

 

 

f:id:tokotoko_yuuki:20160811232205j:plain

 

 

お、何だかちょっと良さげなサービスエリアじゃありませんか!

いよーし、帰りも何かモグモグしながら進もう!!(^O^)/

 

f:id:tokotoko_yuuki:20160811232250j:plain

 

 

よしえさんのももクッキー☆

これ、ほんのり桃味でとっても上品!

頑張ろう東北!!

 

 

 

 

ずうっと遠くまで続く穏やかな福島県の夕方。

 

夕方・・・?

まだ福島県なのに??

 

ドライブは最終日もなかなか過酷です。

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ にほんブログ村 旅行ブログへ